プロミスで借りたい!でも実際の金利はどうなる!?

プロミスの金利は「4.5%〜17.8%」。
下限金利4.5%と上限金利17.8%に大きく差がありますが、実際はいくらの金利が適用されるのでしょうか?

まず、金利の紹介に関して、プロミスに限らず他のキャッシングサービスも含めて、「○○%〜○○%」と幅を持った紹介をしています。
ここでは、説明上で下限金利と上限金利といった言い方をします。

結論から言いますと、100万円未満の借り入れを行なう場合は原則「上限金利17.8%になる」とお考えください。

ここには「利息制限法」の考え方が用いられています。
【上限金利】
10万円未満 … 年20%まで
10万円〜100万円未満 … 年18%まで
100万円以上 … 年15%まで
※利息制限法の上限を超えた金利を定めたとしても,超えた部分の金利負担は法律上無効になるとされています。

各キャッシングサービスは、無担保にて融資を行ないます。お金を貸す際、無担保というのはサービス側にとってはリスクととらえ、無担保にする代わりにリスクヘッジとして金利で補填しているという考え方になります。
住宅ローンの金利が低いのは、住宅(土地/建物)を担保にする為。車ローンの金利が低いのは、車を担保にお金を貸す為です。

ではなぜ、幅を持った金利の紹介をしているのか?
これは、利息制限法に従って100万円以上借りた場合は上限金利より優遇された金利が適用されること、プロミスとは違う他のキャッシングサービスから既に借りている場合で、おまとめローンをする際は、その範囲内の金利が適用されるためです。
あと、100万円未満借りる場合でも、過去にプロミスとの契約実績があったり、過去の借り入れにおいて良好な返済実績などがある場合には、金利の優遇を受けることができるかもしれません。この辺りはプロミス内部の判断ですので、直接プロミスへ電話しあなたの実績などを伝えて、ニュアンスを聞いてみるのもいいかもしれませんね。

そうは言っても、借り過ぎには注意です。
大きく借りると金利は下がりますが、借入総額が大きくなればその分金利負担額(いわゆる利息と呼ばれるもの)が増えますので、必要以上に借りることは控えましょう。

さて、プロミスでは上限500万円まで借りれるといえど、はじめから高額の融資をしてもらえることはないと思いますが、高額の融資で且つ長期間の借り入れになりますと、金利が大きく効いてきますので、あなたが計画された返済期間を払い切った時、借りた元金に金利が足されていくらになるのか(←これを返済総額といいます)をプロミスのフリーコールなどへ事前にヒアリングすることをお勧めします。
ここで言いたいのは高額の借り入れはできれば控えるべきということと、返済期間は短く設定することがベストと考えます。「返済期間を短くすると毎月の返済額が高い!」という方もいますが、それは単純に借入額が高いのです。そう割り切って計画しましょう。その方が、返済が始まってから、生活を圧迫することが少なくなります。

プロミスの金利負担を軽くする@「30日間無利息サービス」

プロミスでは、ご利用がはじめての方の金利負担の軽減を考えて、「30日間無利息サービス」を展開しています。

【利用条件】
@プロミス利用がはじめてであること。
Aメールアドレス登録とWeb明細利用の登録を行なうこと。

以上の条件をクリアすれば利用可能です。
簡単な条件ですので、ぜひ利用してお得に借りましょう!

プロミスの金利負担を軽くするA「ポイントサービス」

プロミスでは、利用項目に合わせて「ポイントサービス」を利用することができます。

一定のポイントを貯めると、ポイント数に応じて「無利息期間」に充当することができます。

【ポイントによる無利息期間】
250ポイント … 無利息7日間
400ポイント … 無利息15日間
700ポイント … 無利息30日間

プロミスの「ポイントサービス」の利用は、プロミスでのご契約後にもらえるカードの番号と暗証番号を使って会員サービスにログインし、申し込むだけです。こちらもお得なサービスなのでぜひ利用しましょう!

プロミスの返済シュミレーション

返済額のシュミレーションについては、下記をご参考にしてください。

・借り入れ額10万円 適用金利17.8% の場合
返済期間 : 回数
1年(12回):返済額9,158円/月
2年(24回):返済額4,982円/月
3年(36回):返済額3,605円/月

・借り入れ額20万円 適用金利17.8% の場合
返済期間 : 回数
1年(12回):返済額18,316円/月
2年(24回):返済額 9,965円/月
3年(36回):返済額 7,210円/月

※上記の返済額は参考額になります。
実際の返済額の確認は、プロミスへ直接ご確認頂くか、公式サイト内の返済シュミレーションにてご確認ください。