プロミスで借りたい!でも実際の金利はどうなる!?

キャッシングに限らず、何かの商品を購入したりする際にローンを組むと必ずついてまわる「金利」。会社によれば「利息」「利子」などといった言い方をしますが、広義の意味では同じととらえて頂いて結構です。

金利の紹介に関して、プロミスに限らず他のキャッシング各社も含めて、CMなどでは「○○%〜○○%」と幅を持った紹介の仕方をしています。ここでは、説明上で下限金利と上限金利といった言い方をします。結論から言いますと、100万円未満の借り入れを行なう場合は原則「上限金利になる」とお考えください。ではなぜ、幅を持った紹介の仕方をしているのか?これは、100万円以上借りた方は上限金利より少し抑えた金利が適用されること、おまとめローンなどではその範囲内の金利が適用されるためです。あと、100万円以上借りる場合でも、過去に契約実績があったり、過去の借り入れにおいて良好な返済実績がある場合には、金利の優遇は受けやすいかもしれません。この辺はプロミス内部の判断ですので、直接プロミスへお電話をしあなたの実績などを伝えて、ニュアンスを聞いてみるのもいいかもしれません。

さて、プロミスやキャッシング各社の上限金利となると決して安い金利ではありません。上限500万円まで借りれるといえど(※審査によります)、はじめから高額の融資をしてもらえることはないと思いますが、高額の融資で且つ長期間の借り入れになりますと、金利が大きく効いてきますので、あなたが計画された返済期間を払い切った時、借りた元金に金利が足されていくらになるのか(←これを返済総額といいます)をプロミスのフリーコールなどへ事前にヒアリングすることをお勧めします。
ここで言いたいのは高額の借り入れはできれば控えるべきということと、返済期間は短く設定することがベストと考えます。「返済期間を短くすると毎月の返済額が高い!」という方もいますが、それは単純に借入額が高いのです。そう割り切って計画しましょう。その方が、返済が始まってから、生活を圧迫することが少なくなります。

プロミスの金利について、簡単に書いてきましたがいかがでしょうか?参考になった情報はありましたでしょうか?
覚えておいて頂きたいポイントは100万円未満であれば上限金利が適用されるということ。高額に借り過ぎないということ。返済期間をできるだけ短く計画をたてるということ。
あとは、プロミスの「30日間無利息サービス」を利用して、金利以外のところでお得に借りるといったところでしょうか。
※30日間無利息サービスは、プロミスの利用がはじめてで、@メールアドレスの登録AWeb明細の利用を選択、することで適用を受けられます。